コロナ禍での舞台公演中止のリスク管理

すごく興味深く、色々と考えさせられる部分があります。膨大な稽古時間使っても公演中止となれば相当な損害が出るという事は、やっぱり辛いところだと思うし、無理してしまう所かもしれない。

自分は学生時代、オペラ座の怪人のミュージカルが好きで、本場のイギリスのミュージカルを2度ロンドンまで見に行きましたが、劇場は超満員。その時はあまり気にかけてなかったが、ミュージカルって超ロングランなんですよね。ロンドン版は1988年から20年以上のロングランです。
その間キャストを変えながらも、作品が上映され続けます。しかも、その間もお客さんは世界中から集まります。

流石にコロナ禍ですので、本場ロンドンでもそんな状態とは程遠いとは思いますが、ミュージカル関連の投資まであるそうで、ロングランされ続けている間は、出資者にお金が入るそうです。

ミュージカルは歌とダンス、舞台芸術のある意味最高峰なのかなとも思っています。

6/5は、OMSもミュージカル 夢の降る街の配信を行います。
この状況下の中でも懸命に稽古しているとは思いますが、皆さんにもぜひこのミュージカルを見ていただけたらと思っています。

このミュージカルに出演される方は、県内外活躍されている方ばかりで、本当に応援したい気持ちでいっぱいです。

リアルなチケットを買われる方は、古川か佐藤までお申し付けください。なんと、OMSスタッフでシンガーのおりゆきこと、古川も出演します!!

古川は、音楽の道でやって行きたいっ言っていたので、チケットを買うことが演者を応援する事に直結します。

そしてもし、コロナの影響で自宅で応援したいと思われる方は、以下のURLからオンラインで購入可能です。

https://zaiko.io/event/339319

皆様よろしくお願いします!!
もちろん、OMSもチケットは買う予定です!!